失敗しないバイク売却のコツ


バイクを売るならバイク王

はじめに
(作成中)当サイトにご訪問いただきまして、ありがとうございます。

バイク売却の方法を調べている中で当サイトに辿り着いたと思います。


友人からバイクを手放したいので、どうやったら高く売れるのかを相談されたことがきっかけで当サイトを立ち上げました。

 

私自身は現在、バイクを持っていませんが、大学生の頃は50ccにずっと乗っていました。

今は生産中止となっているホンダディオ。
懐かしいですね。

結局、中古バイク屋に5000円程度で売ることになってしまったことをすごく後悔しています。

 

今回、バイク売却の方法を一から調べてみましたので、初めてバイクを売る方は是非、参考にしてください。

初心者目線での気づきが得られると思います。

 

基本!バイクを高値で買取してもらうには

まず見た目のキレイさは大事です。
私の場合、今年(2017年)にトヨタファンカーゴという車を売却しました。
2000年に購入したので5万円程度にしかなりませんでしたが、まず言われたのが見た目。
購入者側としては、汚れが目立つ車と洗車された車のどちらを買いたいか?
一目瞭然ですよね。

これは車でもバイクでも同じことです。
ですので、査定前には洗車をすることがポイントになります。


 

そして、高値でバイクを買ってもらうためのコツは、日頃からバイクの手入れとメンテナンスをしっかりと行うことです。オーナーがバイクにどれだけ愛着を持ち、大事に使ってきたか?買い取る側も人間なので大事にされてきたバイクは、価格で報いたいと思います。

 

例えば、バイクのエンジンから異音が聞こえたり、なかなかエンジンが掛からなかったり、となるとメンテナンスが行き届いていないことになります。

従って、評価査定はマイナスに。

 

次にバイクを購入した時の、書類関係や付属品は揃っていますか?

見つからなければ、探しましょう。

ちょっとした事ですが、買取価格のプラス評価になる項目です。

 

高く売却するためのポイント

 

私もそうですが、バイクに対して愛着を持っている方が多いようです。

シートに座って、ハンドルを握り、風を切る。

乗り物というより、一緒の時代を過ごしてきた友人みたいな感じだからでしょうか?

だから、長年大事に運転してきた愛車はできるだけ高く買ってもらい、次の人に乗ってもらいたいものです。

 

ポイントとしては、適正価格がどれくらいかの相場を知ること

そのためには、複数のバイク買取業者に無料査定をしてもらい、相見積もりを取ります。

 

複数の業者から価格を提示されると、相場価格を把握することができます。

 

以前の私のように言われた値段をそのままOKして売却してします。

買い叩かれていることに気がつかず、相手のペースで取引が進んでしまう。

 

なので、複数の業者に買取額を聞くことが大事なことになります。

相場がわかれば、交渉の材料となり、今度はこちらがペースを握って駆け引きを行うことができます。

 

時間がある方はこのぐらいガツガツ行動した方が、後悔せず、しかも良い結果を生み出すことができるはずです。


 

査定前にブラシなどでこびり付いた汚れを除去する

 

日頃からしっかりバイクのメンテナンスをしていても、細かい汚れまで綺麗にしている方はほとんどいないでしょう。査定前に「こびり付いた汚れ」を除去することも査定アップの要因のひとつになります。

 

大切にバイクを乗っていることを査定者にアピールすること。汚れたバイクを見せると、雑に乗っているという印象を持たれてしまいます。人は見た目が大事と言いますが、バイクも第一印象は大事です。

査定者から好印象を持たれた方が査定アップに期待ができます。

 

細かいことですが、ホコリが傷に間違えられてしまうこともあります。洗車用ブラシやダスキンのような掃除道具で汚れを落としておきましょう。

 

車体にわざわざワックスをかけておく必要はないでしょう。しかし、少なくとも汚れが付着していない状態で査定をしてもうよう心がけたいですね。

 

最後のひと手間を大事にしましょう。

バイクを綺麗にしておくことは、査定してもらう方にとっても礼儀になりますから。

 

点火プラグの清掃
点火プラグ(スパークプラグ)の清掃も大事です。
日頃からメンテナンスをしているかどうかは点火プラグを見ればわかります。
バイクのエンジンにとって欠かせないものであり、電極消耗、カーボン付着などがあるとエンジンがかかりにくくなり、定期的な点検、交換が必要になります。

査定員の前でエンジンをかけてみた時、かかり具合が良くないと問題があると反されてしまいます。したがって、日頃からの点火プラグの状態をチェックしましょう。逆にエンジンがかからない時に初めに見るべき場所が点火プラグになります。
 

タイヤの空気圧
バイクに乗っていないとタイヤの空気圧は低い状態のままになっています。この状態も手入れがされていないと判断され、査定額が下がる要因の一つになります。
 

バイク売却の3つの方法

 

バイク売却にはいくつかの方法があります。簡単にできることから、初心者にはハードルが高い方法まで。

どの方法で売却するかによって買取額は変わってくると思います。

 

大きく3つの方法に分けられます。

 

1.バイク業者に直接販売する

2.仲介業者(一括査定業者)に依頼する

3.オークションに出品する

 

業者側でも手間が省け、経費をかけなくて済むのは「1.バイク業者に直接販売する」になります。

例えば、バイク王を挙げてみると、バイク王は買い取ったバイクをそのまま自社で販売します。

仲介業者が入らない分、余計な経費がかかりません。

バイク王の担当者に直接聞きましたが、担当者としてもこの方法が良いようです。


 

「2.仲介業者(一括査定業者)に依頼する」は複数の業者からの見積もりがもらえるので、相場を知ることができます。比較することによって、交渉の材料にもなりますので、買取価格を上げられる可能性もあります。

ただ、業者側としては仲介業者に手数料を支払わなければなりません。そのため、手数料分を差し引くので、売却額が減るかもしれません。逆に他社との競争になるため、利益を削っても頑張って上げてくることも考えられます。

このあたりは、車種、時期、地域などによって異なるので、一概に判断することはできません。

相場がわかる反面、複数の業者から電話がかかってくるというデメリットもあります。

 

「3.オークションに出品する」は利用したことがありませんので、あくまでも知人からのヒアリング程度の知識しかありません。出品には3万円ぐらい手数料がかかると言っていました。結構、高いですね。落札後のやり取りなども大変そうです。慣れている方は手数料を差し引いても、高値で売却できるでしょうが、初心者にはできそうもありません。

 

まとめとしては、1つの業者に出すか、一括査定業者で比較するか、というのが簡単な方法です。


管理人:MASA
年齢:犬をこよなく愛す40代の男性
一言:バイクを売却したいという友人の相談を受け、徹底的にバイク関連について調べました。初心者が陥りがちな失敗例と高く売るためのコツをまとめています。

 

© 2018 失敗しないバイク売却のコツ rss